格安航空券はどうして安いのでしょうか?安い理由を知ってから利用する安心できます。今回は【格安航空券がやすくなる仕組み】についてお話します。

■ANA航空の格安チケットを購入できるサイト
ANA航空券予約|格安航空券サイト 国内航空券の最安値販売は空旅.com
■URL:https://www.soratabi.com/ana/

高いモノが格安で販売することができるには訳がある!

まずは航空券はどういった時に高くなりますか?そして、どうったときに安くなります。これを考えて見てください。年末年始は高くなって冬休みが過ぎた頃から安くなります。ゴールデンウイークが終わると安くなりますね。11月などは夏休みにも冬休みにも該当しない時期です。

こういった時期は飛行機を利用する人が少なくなります。航空会社は値段を時期に応じて値引きしているのです。長い休みもなくて旅行シーズンでない時期を施策を使って搭乗客を増やそうとします。これをシーズナリティ(季節感格差)といいます。

高いモノが格安で販売することができるには訳がある!

これもやすくなる秘密の一つです。

格安航空券は大量仕入れをする

団体旅行やパッケージツアーのお客さまに旅行会社は大量に航空座席を仕入れます。その座席をばら売りをして販売することがありますが、これも低価格が実現できる秘密です。安くするかわりにいろいろな制限があります。予約変更ができなかったり有効期限が決められていたりします。

こういった制限がないとどうなるでしょうか?旅行会社が航空券を販売してもキャンセルされてしまうことがあります。これでは旅行会社も航空会社も困ります。確実に利用してくれるだろうお客さまを取り込めないこともでできます。

航空会社は確実に利用できるお客さまを取り込みたい

そのためには条件をつけてもいいだろう……こういった考えから産まれたのがペックス運賃です。初期の頃は下限値の制限がありましたが現在は撤廃されていますから、場合によっては旅行会社が販売する格安航空券よりも安い場合もあります。旅行会社は自由に値段を決めることができます。

一方の航空会社は政府の認可が必要です。旅行会社は自由に料金設定ができるので格安航空券を作ることができるのです。

航空会社は確実に利用できるお客さまを取り込みたい

格安航空券とはどういったチケットなのか

何かの買い物をする場合にはできるだけお得に商品を購入したいと考えることは誰しもが考えます。食料品・雑貨・自動車・レストランでの食事など、生活のあらゆる面で言えます。国内旅行や海外旅行をする場合に飛行機を使う場合も格安航空券がキーワードとしてあがってきます。今回は【格安航空券とはどういったチケットなのか】についてお話します。

格安という言葉に弱い日本人

それは不景気の影響もあるのでしょう。同じサービスを使う場合にはできるだけ安く・少しでも安い方が良いという考えがあります。とりわけ日本人は「格安」と言う言葉に弱いのではないかと思います。ついつい気になってしまうのです。これは不景気だからなんでしょうか?きっと好景気になっても「勿体ない文化」が浸透している日本では格安にこだわるのではかいかと思います。

格安航空券とは

格安航空券はそのものズバリで格安の航空券なのです。団体旅行・パッケージ旅行の割引運賃が適用された航空券です。個人用のものもありますし、団体用のものもあります。また国際線にもありますし、国内線にもあります。中には航空会社の名前も分からないタイプのものや便名や出発時間も購入時にはわからないものもありますので注意しましょう。

PEX運賃

団体旅行やパッケージ用の割引運賃とはちがって正規割引運賃もあります。これをPEX運賃と呼びます。近年ではペックス運賃の下限が撤廃されました。お手頃な航空券も増えてきています。場合によってはペックス運賃のほうが安くなっていることもあるのでチェックしましょう。航空会社のオフィシャルWebサイトで購入できます。

ペックス運賃のほうは航空会社・便名・出発時間が明確です。安心感を求めるならばこちらのほうでしょう。